アライメントとは

ボディー・アライメント

 ボディー・アライメント(Body・ Alignment)は体の骨の整列具合のことで、「アライメント」と略していうこともあります。

ボディーアライメントとは別に、シューズ・アライメントがあります。

 

静止している状態でみる静的なアライメントと、動いている状態で見る動的なアライメントがあります。 

 

ボディー・アライメントが、体全体のバランスのことを言うのに対し、フット・アライメントとは、腰から下の足のアライメントのことをいいます。

フット・アライメント

「歩く・走る・跳ぶ」動作には、足のアライメントが大きく関わっていて、バランスが崩れると体の故障やトラブルの原因になります。

 

 


「アライメントを修正する」とは

 

 

アライメントを修正する」とは、体の骨格構造と、関節の歪みを、正しい構造、正しい動きに整復することです。

  

アライメントには、体のアライメントの他に、シューズ・アライメントがありますが、この記事では「フット・アライメント」の解説をします。 

 

フット・アライメント調整をしたほうがいい場合

 

  • 片足で立ったとき、真っ直ぐに立てない場合。
  • 片足で立ち、背伸びをしたとき、真っ直ぐに立てない、安定して7秒静止できない場合。
  • 片足で立ち、立ったまま膝を曲げたとき、真っ直ぐに立てない、安定して7秒静止できない場合などがあります。

 

 

フット・アライメントの調整方法

調整する方法は主に2種類あります。一つはシューズやインソールを使って体の傾きを調整する方法です。

二つ目は、足首、膝、股関節…体の各パーツの歪みを正常に整え、本来、体が持つバランスを取り戻す方法です。

 

動的なアライメント

体のアライメントには、止まっている状態でみるアライメントと、動いている状態でみるアライメントがあります。


動的なアライメント調整が必要な体の症状


特に以下のような症状があれば、アライメントのバランスが崩れてしまっていると考えられます。


・シューズの裏の左右の削れ方が違う。
・足が片方だけ痛い。
・歩いたり、走ったりするとき左右に体が揺れる。

・右と左でつま先の向きが違う。

普段、気付きにくいかもしれませんが、走っていると「あれ?」と感じることがあるでしょう。
そんな時はアライメント調整を検討しましょう。

 

動的な足のアライメントの4つの要素

 

動的なフット・アライメントには以下の代表的な4つの要素があります。
詳しい説明は次の項目で行います。

  • トゥ角(つま先が開く角度)
  • キャンバー角
  • キャスター角
  • ボディー・アライメント

 

それぞれの調整される角度は小さいですが、角度の組み合わせによって体の動きが変わります。


【動的なアライメントの要素 】


トゥ角(つま先が開く角度)

 

トー角は、足を上から見たときの つま先の開く角度のことです。トーインは進行方向に対して内股に傾いている状態、トーアウトは外股に傾いている状態です。大きくずれていると、走行性に影響を及ぼすだけでなく、シンスプリントや膝の痛みなどの故障の原因になります。

  

 

 

キャンバー角(地面に対する足の傾き)

キャンバー角は、体の前面・後面から見たときの地面に対する足の傾き角度のことです。
シューズを履かない状態と、シューズを履いた状態で変かわる事があります。また、シューズの個体差によっても変化します。

 

直角よりも、体の外に着くとオーバー・キャンバー(キャンバー角が大きい)、直角より中に着くとアンダー・キャンバー(キャンバー角が小さい)です。キャンバー角が小さい(前後から見て足の着き方が体の中心側に入る)と、腓骨筋炎や、足首の外側の痛み、腸脛靭帯炎や、踵の痛みを誘発します。

キャスター角(横から見たときの足の角度)

キャスター角は、体を横から見たときの足の傾き角度です。静止した状態でキャスター角が前方に傾くと(マイナスキャスター)腰痛になります。走っているときのキャスター角度が大きいと、走行抵抗になりやすかったり、膝を壊すリスクが高まります。

 

 

ボディーアライメント

ボディー・アライメントとフット・アライメントのどちらに歪みがあっても体は真っ直ぐに進みません。

 


アライメント調整方法

 

 まず、体の姿勢を正確に測定し、角度がずれている個所を確認します。 

次に、次に、片足づつ、股関節、足関節、膝関節のフット・アライメントを正確に測定します。

問題があれば調整します。

それらの調整を行うのは、健康保険が適用になりませんので、費用がかかることになりますが、壊れているならしかたがありません。専門の機関に相談しましょう。

自分でアライメントは調整できる?

アライメント調整をしてもらいたいけど、やってくれる所が少ないので、自分でやってみたい!という人もいるでしょう。

体の傾きを調整することができればいいため、簡単ではありませんができないこともないようです。

 

〈参考記事〉 綺麗なフォームは綺麗な体からしか生まれない

       野球肘をお母さんに治してもらうテスト

 

体のバランスや動きを確認しながら、痛みを引き起こしている原因を探し出し、 必要なストレッチや、あなただけのリハビリテーションを提案いたします。


アライメント調整の概要と、アライメントの要素トゥ角・キャスター・キャンバーについて解説してきましたがいかがでしたか?

 

走っていて、「ちょっと走りが変だな」と感じたら、アライメント調整をしてみると解決するかもしれませんね。

 

トゥ角、キャスター角、キャンバー角といったそれぞれの微小な角度によって、パフォーマンスや体にかかる負担は大きく変わってきます。

 

タイムやパフォーマンスだけでなく、スタミナの消耗や、怪我・故障につながる重要なポイントです。

これまで気にしたことがなかった人も、チェックしてみてはいかがでしょうか。