カテゴリ:シューズの話



概要 · 2020/03/06
シューズの倒れ込みとは、体に異常がなく、裸足で走ると正常な動きをするにもかかわらず、シューズを履いて走ると足首が倒れ込むことをいいます。ランニングの痛みは筋肉の硬さが原因と決めつけず、一人ひとり違う体に対し、フォームやシューズも合わせて真剣にみる必要があります。

シューズの話 · 2020/03/04
ペガサス35と36を履き比べてデータ取りを行いました。どちらのシューズの方が優れてるとか、そういう類の話じゃなくて、モデルが一個変わっただけで、これだけの変化が出るのかなぁ?・・・なんて気になって。今日はそんな話。

シューズの話 · 2020/03/02
踵(かかと)がシューズに当たって困ってる人多いですね。シューキーパーを使って形を整えるだけでもずいぶん違いますよ。それでもダメなときは、当たるところをストレッチャーで伸ばします。ストレッチャーは3500円くらいで手に入るので、足の形に癖がある人は、 手元に持っておいても損はないと思います。踵のマメや靴擦れは、シューズの形を整えることでグッと減らす事ができます。

シューズの話 · 2020/02/25
二足のシューズを比較して、体の動きを観察しました。片方のシューズでは、膝を捻じる動きが観察されました。膝の痛みを引き起こす原因は、シューズが影響しているものが多いです。

シューズの話 · 2020/02/24
ランニングフォームはシューズに大きく左右されています。「自分に合ったシューズを教えて欲しい」 そんなご依頼から、GT2000(アシックス)と、ウェーブライダー(ミズノ)でフォームの違いを計測しました。

シューズの話 · 2020/02/17
古いシューズと新しいシューズを履き比べてフォームを観察しました。同じシューズ、同じサイズでも、随分フォームが変化するどころか、故障を引き起こすメカニズムが観察できました。重量が片足250g~350g程度のジョギングシューズでも 800km~1000kmと言われています。 それは二日に一回使用した場合で、毎日使用した場合、 560km~800kmで寿命を迎えるようです。

足の裏の痛み · 2019/09/15
足底腱膜炎だけではないのですが、ランニングによる様々な痛みの原因は、主に3種類あると思ってます。 一つは、筋肉が引き伸ばされて壊されるもの。二つ目は、筋肉が捻じられて壊れるもの。三つ目は衝撃によって潰される壊れかた。 どれも同じ足の裏の痛みですが、それぞれ対処法が変わってきます。 足底腱膜炎が治りにくい原因は、痛みの原因を判別することを放棄し、簡単に拾い集められる情報の中から、自分にとって簡単に行える方法を選択する場合が多いことにあると思います。 たまたま、とった方法が最善の方法だった時はよいのですが、原因の究明をせずに、やれることだけやっていたら何もしていないと変わらない時が多々あります。

シューズにはデザインの流行や、新しい素材、テクノロジーの進歩に伴って、形や素材が大幅に変わる年があります。最近のサッカースパイクですが、ヒールカップをプラスチックで作ってあったりします。 人の足の骨の形はそれぞれ違いますから、踵に突起があるような選手には厳しい年になりました。アキレス腱付着部滑液包炎は、臨床をしていると、たまに見かけますが、大人では痛みが無い場合がほとんどです。 また、「中学生の頃はシューズに当たって痛かったけど、いつの間にか気にならなくなっていた」そんなケースも多々あります。痛みが酷い場合、外科で切除する方法もありますが、悪性の腫瘍ではない場合、経過を観察する場合がほとんどです。保存療法が無効な場合には踵骨大結節の後上部を切除することもありますが、まずは刺激を少なくして様子をみると良いと思います。

シューズの話 · 2019/08/25
腸脛靱帯炎は膝だけの問題なのでしょうか?ランニングは全身を使って行う運動です。膝以外にも、もっと観察するべきポイントはあると思います。これを見れば、タイムが上がるポイントが分かるかもしれませんね…

腸脛靱帯炎は膝だけの問題なのでしょうか?ランニングは全身を使って行う運動です。上半身の歪みや、足首の歪みがあれば、当然のように膝は正しく動くことができいません。 腸脛靭帯炎は、腸脛靭帯をストレッチ・マッサージすれば治る問題でもないのです。体の異常として捕えると良いでしょう。

さらに表示する