カテゴリ:フォームの相談



足首の痛み · 2020/03/22
疲労骨折を訴えてくる患者さんは、骨折が起きた患部だけの痛みに留まらず、いろんな所に不安や悩みを抱えている事があります。「この痛みは関係ないかもしれないけど・・・」そんな感じでもいいので、気になるところ、悩んでいることは全て教えていただけると助かります。打撲のような一過性の骨折と違い、繰り返すメカニカルストレスによって発生する骨折は、一連の動作があって初めて起こりえます。破壊する動作を見つけ出し、動作を治す必要があるからです。

概要 · 2020/03/16
足の脛(スネ)の骨に対して、つま先が外に開いてしまうことを『トゥアウト(tue out)』と言います。 基本的にはスポーツや歩行などの動作の中で起こってしまう動的アライメントを表現する用語の一つです。 競技をやる人も、やらない人も、毎日使っている足首ですが、その構造を知らない人がほとんどです。 競技とは、「誰が一番上手に体を操縦したか」を競うことでもあります。足首の構造を理解することは、パフォーマンスの向上や、怪我の予防に役立つと思いますので、ちょっと耳を傾けてくださいよ。腓骨の動きが悪いとシンスプリントや足底腱膜炎、捻挫などを引き起こします。走るときのタイムは大幅に落ちます。

シューズの話 · 2020/03/04
ペガサス35と36を履き比べてデータ取りを行いました。どちらのシューズの方が優れてるとか、そういう類の話じゃなくて、モデルが一個変わっただけで、これだけの変化が出るのかなぁ?・・・なんて気になって。今日はそんな話。

シューズの話 · 2020/02/25
二足のシューズを比較して、体の動きを観察しました。片方のシューズでは、膝を捻じる動きが観察されました。膝の痛みを引き起こす原因は、シューズが影響しているものが多いです。

シューズの話 · 2020/02/24
ランニングフォームはシューズに大きく左右されています。「自分に合ったシューズを教えて欲しい」 そんなご依頼から、GT2000(アシックス)と、ウェーブライダー(ミズノ)でフォームの違いを計測しました。

シューズの話 · 2019/08/25
腸脛靱帯炎は膝だけの問題なのでしょうか?ランニングは全身を使って行う運動です。膝以外にも、もっと観察するべきポイントはあると思います。これを見れば、タイムが上がるポイントが分かるかもしれませんね…

腸脛靱帯炎は膝だけの問題なのでしょうか?ランニングは全身を使って行う運動です。上半身の歪みや、足首の歪みがあれば、当然のように膝は正しく動くことができいません。 腸脛靭帯炎は、腸脛靭帯をストレッチ・マッサージすれば治る問題でもないのです。体の異常として捕えると良いでしょう。

前回のブログで、2つのセルフケアを紹介するだけで大きく動きが改善した男性。 股関節の痛みが改善し、膝もあと少しの痛みが残りだけとなりました。 そこからの動作分析と、お伝えしたエクササイズについてご紹介しています。

初フルマラソンに挑戦するために走り込んでいた男性。長距離を踏んでから膝と股関節の痛みを発症し、まともにランニングができなくなってしまいました。 ランニング動作から異常を見つけ出し、セルフケアで治してもらいました。 車や機械と同じで、自分の身体もきちんと整備することが大切ですよ。

競技はフルマラソン:「長い距離を走っていると足が上がらなくなってくる」そんなお悩みで静岡市より御来院いただきました。「足がつるのはミネラル不足が原因です。」そんな情報がネットや書籍ではよく言われていますが、私はそうは思いません。「足がつるのはミネラル不足が原因です。」そんな情報がネットや書籍ではよく言われていますが、私はそうは思いません。全身の筋肉や、両足が同時に動かなくなるならエネルギー切れも考えられますが、いつも片足のハムストリングだけが硬くなる、そんな場合、ミネラル不足が原因と言うには理由に足りないからです。

さらに表示する