カテゴリ:概要



概要 · 2020/03/22
ヒール・ストライクとは、異常歩行を表す用語のひとつです。 heel=踵(かかと) strike=攻撃・打ちつける 本来の踵(かかと)の着くべき個所ではない所から接地していたり、膝が伸びきったまま接地する異常歩行が引き起こされている事によって、踵が地面に着くときの衝撃を打ち消す事ができず、地面が踵を攻撃している様子のことを指します。踵の痛みの原因は、局所の異常ではなく、体全体の動作が引き起こす場合が少なくありません。踵の痛みを治すには、局所だけにとらわれず、全体の動作を見る必要が、問題解決の一番の近道です。

概要 · 2020/03/16
足の脛(スネ)の骨に対して、つま先が外に開いてしまうことを『トゥアウト(tue out)』と言います。 基本的にはスポーツや歩行などの動作の中で起こってしまう動的アライメントを表現する用語の一つです。 競技をやる人も、やらない人も、毎日使っている足首ですが、その構造を知らない人がほとんどです。 競技とは、「誰が一番上手に体を操縦したか」を競うことでもあります。足首の構造を理解することは、パフォーマンスの向上や、怪我の予防に役立つと思いますので、ちょっと耳を傾けてくださいよ。腓骨の動きが悪いとシンスプリントや足底腱膜炎、捻挫などを引き起こします。走るときのタイムは大幅に落ちます。

幼児期から少年期にかけて、踵の骨が柔らかいのは異常ではなく、通常です。 では、なぜ?痛くなる子と、痛くならない子があるのでしょうか? 良い結果には、良い原因があり、 悪い結果には、悪い原因があります。 痛みの原因ではなく、その痛みを誘発させた誘因を探すことから始めなければ、 安静にすることや、消炎鎮痛剤で、一時的に痛みがなくなったとしても、運動を始めれば、また同じ痛みを繰り返します。

シューズの話 · 2017/12/21
シューズの交換時期の目安をプロの視点から書いてみました。ランナーだけでなく、皆さんに知っていただきたい、シューズのお話です。競技者だけでなく、競技に携わる方には是非とも知っていただきたいと思います。

足の裏の痛み · 2017/01/03
足底筋膜炎になる原因は、足首、足趾周りの異常や、膝関節・股関節・背骨と多岐に渡ります。足底腱膜炎(足底筋膜炎)を発症してからのリハビリテーション(以下リハ)の方法を紹介します。復帰にあたり、これまで紹介してきたストレッチや筋機能改善のリハビリを運動前後で行うこと、また、テーピングを使用することで再発予防が望めます。別紙において足底筋膜炎に対するテーピング方法を紹介していますので、参照ください。 さらに運動後は痛みがそれほどなくてもアイシングを 復帰後一ヶ月程度は継続して行うことをおすすめします。