シューズの走行検査

多く知られていませんが、使用しているシューズが原因で痛みが発生している場合が多々あります。

実際に、シューズを着用した状態で走行していただき、そのフォームを分析します。

※スパイクでの走行検査は行っていません。


症例 ) ランニング時の膝の痛み/シューズの悪さによる腸脛靭帯の痛み

膝の痛みでお悩みのランナーさんの例です。

練習に使っている  A , B 二足のシューズをお持ちいただきました。

 

 



A , B シューズの違いによるフォームの検証を行いました。

どちらも同じ時速です(7km/h)

スネの角度の違いが判るでしょうか??(右足)

シューズの違いで、フォームはこんなに変化します。


Aのフォームは、膝が沈んでいるので、腸脛靭帯や、膝の周りの筋肉に負担が多くかかります。

また、足首関節も深く曲がっていますので、アキレス腱炎や、シンスプリント、足腱膜炎になりやすいと言えるでしょう。

Aのシューズは膝が沈み込むぶん、余計な筋力を使うので、体力は消耗しやすく、タイムは出しにくいシューズと言えるでしょう。

 

このような痛みが発生する原因がある場合、スピードを押さえたジョグだけでも膝は破壊され続けます。

ジョグはリハビリではありません。むしろ、ゆるいジョグを長くした方が痛めやすいと言えるでしょう。


多様化するシューズと向き合う

スキーやスノーボードなどの道具を使う競技と同じように、自分の用途にあった道具を選ぶことは、その競技のパフォーマンスを向上させる上では不可欠です。それどころか、合っていない道具を使う事で、選手の味方であるシューズが敵になる事があります。豊富な知識と経験から、シューズについてのアドバイスを行います。