· 

足首の痛み│有痛性外頸骨はこうして作られる

人の体って、ホントに良くできていますね。20年以上、毎日触っていても新しい発見ばかりです。


小学生陸上部(中距離)主訴:足首の内側の痛み

 

 レントゲンに異常がないような痛みでも、走ってみると見える原因が見えることがあります。

 

 

 

 


治療前

治療後



治療前の走りは真上に跳ねています。



なぜ?上に跳ねてしまうのかというと、足を着く位置に問題があるんですね。一番体重が乗っている足の位置を見てみますよ。

治療前

治療後



治療前は足の位置が体のほぼ真下にあります。治療後は足の位置が体より後ろにあります。

 

ランニング動作は、足で地面を後ろプッシュして、体を前に進める動作です。

足の位置が、体の真下にあると、地面をプッシュして前に進むのが難しくなります。体の真下でプッシュするほど、真上に飛んでしまうんですね。


体の真下で足を着くと、全ての体重が足首に乗ってしまいます。足が体より後ろにあると、足首にかかる体重負荷を後ろに流すことができます。 どういうことか?? 言葉では解りにくいけど、下の画像を見て下さい。

 

●有痛性外頸骨は、最初からある骨の変形ではなくて、こうして作られていくのではないでしょうか??

治療前の足首は潰れてるのが解るでしょうか?

 

今回の痛む足は、静止の状態では有痛性外頸骨のような舟状骨の低下、出っ張りは見られませんでしたが、走ると上の画像のように足首が潰れました。 有痛性外頸骨は、最初からある骨の変形ではなくて、こうして作られていくのではないでしょうか??

 

●アーチの低下や、舟状骨の低下は痛みの原因と言われていますが、僕は原因ではなく、体のエラーの結果だと思っています。本来、人のもつ生体力学のシステムは、歩く、走るの衝撃を上手に吸収し、その力を推進力として前に進むエネルギーに変換します。しかし、背中や腰、股関節がオーバーワークにより、上手に動けなくなってくると、正常な体の動きが行えなくなり、衝撃を上手に受け流すことができなくなり、足首の骨に負担がかかります。その時、骨が壊れるのを水際で防いでくれているのが、アーチの低下や、舟状骨の低下ではないでしょうか??

 

人の体ってよく出来てるなぁ。。。って、そんな事を思いました。


今回の足首の痛みは、走る時に、前傾フォームを作れない体のエラーを治しました。


〈このページにリンクしているページ〉

 シンスプリントの原因 (2018_10_01)


足の痛みの原因は、動いている状態を見ないと解らない事がたくさんあります。 

 

 体のバランスや動きを確認しながら、痛みを引き起こしている原因を探し出し、 必要なストレッチや、あなただけのリハビリテーションを提案いたします。メンテナンス次第で体が変わることを実感してください。

  

若葉治療院本院内 足の痛みの特化ラボ 近藤祐司

静岡県 富士宮市 西小泉町21-2  https://ameblo.jp/wakabatiryoin/

(電話予約制)TEL:0544-26-6628