シューズのパーツを確認しましょう

ご自身のシューズを片手に、シューズを一緒に見ていきましょう。

アメブロはコチラから 編集:山田洋太


まずは上からシューズを見てみましょう。


①トゥ・捨て寸

  つま先には、1cm程度ゆとりがあります。

 トゥガード

  つま先への衝撃から爪や指を守る部分です。

  トゥガードがあることで、つま先の摩耗を抑えてくれます。

②アッパー

  足の上部を覆う部分です。

  足の蒸れやマメを予防する意味で、メッシュ素材を使っているシューズも多いです。

  最近では、安定性を求めて伸縮素材を使うシューズもあります。

  関連記事・・・アッパーの重要性

③シューレース

  足とシューズのフィット感を調整する、いわゆる靴紐です。

  靴擦れ防止やつま先の圧迫感の調整ができます。

 

   切れないように、

     定期的な交換をオススメします。(2〜3ヶ月に1回)

 

  関連記事・・・シューレースは消耗品

 

④シュータン

  走る時に、足と直接触れる部分です。

  足の甲が保護できるか、通気性があるかなどが重要です。

  タンが薄くなると、更にフィット感が高くなります。

⑤アンクルパッド

  シューズの履き口に当たるパッド部分です。

  足首周りに余裕を持って作られているものが多いです。

  ヒールカウンターがしっかりしていれば、

    薄くても問題がないとされています。

 ライナー

  アッパーの裏地です。

  シュータンやアッパーと同様、通気性吸湿発散性が重要です。

⑥ヒールカウンター

  踵を成形するために、丈夫な補強がされています。

  歩行・走行時の安定感を左右する大切な部分です。

  関連記事・・・シューズに踵が当たって痛い


今度は横から見ていきます。

①アイレット・ハトメ

  シューレースを通す穴に付ける環です。

  シューホールを補強し、シューズの素材が痛まないようにする役割があります。

②ハトメ飾り

  アイレットが並んでいる部分です。

  きつく締めすぎると・・・

   アッパーにシワが寄り、シューズが曲がる箇所で足の甲を痛めてしまいます。

③ミッドソール

  アウトソールの中にあり、クッションの役割を果たします。

  ジェル素材や衝撃吸収素材で、着地時の力を分散させます。

 

  「ミッドソールが厚い=衝撃を和らげる=足の負担軽減」

 

  また、石や木が足に刺さらないように足裏を保護します。

  関連記事・・・ミッドソール・ランニングシューズの寿命


中を見ると、こんなものが入っています。

インソール

 一般に言う、シューズの中敷きです。

 

 ランニングシューズのインソールで求められる要素

 

 ①足裏のアーチを支える

 ②足裏の圧力の分散

 ③着地の衝撃を緩和

 

 大半のシューズでは取り外し可能な為、

 走った後は外して保管する事をオススメします。

 

 ※レース向きのマラソンシューズでは、取り外せない物もあります。


最後に下から見てみましょう。

アウトソール

 地面と直接触れる接地部分です。

 シューズによって性能が

  大きく異なる部分でもあります。

  (例→グリップ性、硬さ、安定感など)

 

 セパレートソールフラットソールに分かれています。

  左がセパレートソール、右がフラットソールです→

 

 関連記事・・・ランニングシューズの交換時期について

 

 


★サイズとワイズの違い

 サイズとは・・・

  一番長い足指の先端から踵の後ろの一番出っ張った部分です。

  言い換えれば、シューズの縦幅です。

 

 ワイズとは・・・

  足の親指の根元から小指の根元で、最も膨らんだ部分です。

  言い換えれば、シューズの横幅です。

  「E→2E→3E→4E・・・」と横幅が広くなります。

  ※一般には横幅と言われていますが、実際のワイズは周径を意味します。