シューレース

「シューレース」とは靴ひものことです。英語でも同じく shoelace と呼びます。

shoe(靴)+lace(ひも)→ shoelace(靴ひも)と言う単純な成り立ちです。


 

 

足はシーンに応じて形を変えます。シューズは足に追従して形を変える必要があります。

 ですから、シューズのアッパーやシューレースは適度な柔らかさが必要です。

 


シューレースは消耗品

 

 

競技シューズで使うシューレースは、

伸びたり縮んだりできるように作られています。

シューレースが伸びなくなったら、足を壊すか、靴が壊れるサインです。

シューズの小指側が切れてくる前に、シューレースを交換しましょう。

※紐の太さや材質、締め具合にもよって変わってきますが、高校生の部活レベルで2ヶ月~3カ月でシューレースは交換時期です。

 


シューレースの種類

シューレースの種類には、主に三種類あります。

写真上から、丸紐、楕円紐、平紐です。

 

競技の為のシューズには基本的に平紐を使います。

 

平紐は、伸縮性もよく、鳩目(紐を通す穴)への食いつきや固定力も高い為こと、楕円よりも足の血管や腱を圧迫しにくいこと、スライディングしても切れにくいこと、楕円紐よりも水を含みにくいこと、などの利点があります。

 

 足の甲には、たくさんの腱と血管があります。

 楕円の紐は足の甲にある腱や血管を圧迫しやすいので、注意が必要です。

 

足の甲に痛みがあるときは平紐に交換しても良いと思います。もしくは紐の通し方をアンダーラップで編んでください。

“競技シューズは平紐”が通説ですが流行やデザインの面から、店頭に並ぶシューズが平紐が主流の年もあれば、楕円紐ばかりの年もあります。好みや目的に応じてシューレースを変更するのも良いと思います。


シューレースの柔らかさの違い

メーカーによっても柔らかさは随分ちがいます。

 

同じ太さのランニング用の紐でも、ミズノとアディダスを比べてみると、アディダスの方が柔らかく、ミズノの方が硬く作られています。

アディダス

ミズノ


アシックスはその中間の硬さで、イグニオはアディダスよりも伸びました。シューズの硬さに各メーカーの特色があるように、シューレースにも、その考え方が反映されているようです。

シーンによって、足の形は変わります。


人のカラダは、足の形を変えることによって、足の強度や柔軟性を変化させています。シューズが足の動きを妨げてしまうと、シンスプリント足底腱膜炎コンパートメント症候群などの原因となります。

 

 


シューズを固定する

「シューレースの役割は、足にシューズを固定すること」、そう思われがちですが、

シューズを足に固定する主な役割りをするのはアッパーです。

 

 

プレゼントを包装紙で包むように、シューズのアッパーで足をラッピングします。

 

アッパーを閉じる役割をするのがシューレースです。


シューレースを締めすぎるわけ

 

シューズを固定するのはアッパーです。

アッパーが大きすぎると、いくらシューレースを閉めてもシューズは閉まりません。

 

シューレースの締めすぎは足の甲の痛み(滑液包炎)だけでなく、

シンスプリントなどの痛みも引き起こします。

 


シューレースの捻じれ

実は深刻なシューレースの捻じれ

 

 シューレースの捻じれは直しましょう。

 直らないようなら交換が必要です。


 

足の指をあげることによって、アーチは形成されます。

 

シューレースで指を押さえてしまうと、正常なアーチが作られません。

 

アーチが作られないと、足の強度があげられず、疲労骨折やシンスプリント、足底腱膜炎などの原因になります。



シューレースの役割~パワーサポート

柔らかさも必要・硬さも必要。

スポーツに使うシューズは、サポーターの役割もしています。

バスケットボールのシューズに代表するように、シューズには捻挫を防ぐ為のサポーター効果もあります。

 足の骨の数は片方で28個、左右で56個あります。全身の骨の数、約200個に対して 1/4 は、くるぶしより下の骨ででできています。一歩づつ歩く片足にかかる外力は、体重の120%がかかります。

 

 足のアーチはお椀を伏せたような形をつくり、この外力を処理しています。

 

 アーチが開いてしまわないように、筋肉が骨を締め、つなぎとめています。

 アーチが開いてしうと外力を正常に処理することができなくなり、怪我や故障に発展します。 

アーチを治す
アーチを治す

強力な力がアーチにかかっても、アーチが開いてしまわないように、

シューズはサポートをする役割も担っています。


“しなやかさ” と “固定力”

しなやかであること、固定すること、相対する二つの課題をクリアするにはどうすれば良いでしょうか?

 

その答えは“シューレーシング”にあります。


伸筋腱腱鞘炎や、伸筋支帯絞扼性神経症候群、前足根管症候群、スポーツ選手の深腓骨神経麻痺、距骨嘴、足関節部滑液滑液嚢炎、腓骨靭帯損傷、長母趾伸筋腱腱鞘炎、中足骨疲労骨折(軍行骨折)舟状骨疲労骨折、エントラップメントなどの痛みは、

 

一度、シューレースを見直すべきでしょう。