フラットソール

フラットソール・セパレートソールによって性能が変わってきます

アメブロはコチラから 編集:山田洋太


左がセパレートソール、右がフラットソールです。

 

〜フラットソール〜

つま先から踵までが一枚に繋がっています。

〜セパレートソール〜

前足部と踵が分かれています。

 

関連記事:シューズのパーツ

     セパレートソール


フラットソールの特徴

〜メリット〜

①.安定性がある

  中足部を中心に、足裏全体で接地しやすいです。

  全体で接地できる分、地面を捉えやすくなります。

 

   言い換えると、

 「面」で捉えるのがフラットソールです。

 

  面積が広い分、 安定性が高くなり、接地の衝撃を減らしやすいです。


②.足への負担が少なく、疲れにくい

  衝撃の分散を足裏全体でできる為、 足への負担が減ります。

 

  つまり・・・

 負担が減る= スタミナの温存がしやすい」

 

  と、言い換えることもできるでしょう。

 

〜デメリット〜

①.スピードが出しにくい

  セパレートソールは、比較的スピードが 出しやすいと言われています。

  なぜなら、シャンクが入っている分、 衝撃を反発に変えられるからです。

  

  フラットソールは、衝撃を吸収しやすいため、 反発を貰いにくいとされています。



Q.フラットソールが向いている走り方は?

①.ピッチ走法

  1歩を確実に刻むピッチ走法は、フラットソールとの相性が良いと考えられます。

  ピッチ走法の特徴は、ストライドが狭く、 足の回転が速い事です。

  

  つまり、1回のランニングで接地の回数が多いとも言えます。

  接地の回数が多い分、衝撃を和らげて負担を減らす事が重要です。

 

  また、ソールが平らになっている分、足裏全体接地の衝撃を分散しやすい特徴もあります。

②.ミッドフット走法

  足裏全体で衝撃を吸収する走り方のため、

     フラットソールとの相性が良いと考えられます。

     ソールが平らになっている分、

     中足部で着地が容易なのも、特徴の一つです。

  体幹が安定する、身体全体を使った走りなので、

  より安定性が高くなります。

 

フォアフット走法のランナーは、

 一般的にセパレートソールが適すると言われます。

 中足部に寄って接地するフォアフット走法の場合、

 フラットソールに適している場合があります。

 

関連記事:ミッドフット走法

     フォアフット走法


★トレーニングでフラットソールを勧める理由

例えば、陸上のスパイクを想像してください。

なぜスパイクを履くとタイムが出やすいのか?

 

答えは・・・

ピンやプレートが反発を助けているからです。


言い換えると、セパレートソールでも同じような理屈が通用します。

シューズのサポートを借り、体重移動が楽になる事で、

フラットソールよりもスピードが上げやすい状態になります。

 

「初心者はセパレートソール」

 

というサイトなどをよく見かけます。

 

しかし、記録を狙う為のランニングをしていくのであれば、

あえてフラットソールをオススメしたいところです。

 

前述のように、セパレートソールは良くも悪くもスピードが出やすいです。

 

スピードが出しにくいフラットソールで練習すると、

自分の力で進む力が身につくと考えられないでしょうか?

 

練習でフラットソールを履き、本番でスパイクを履く・・・

 

そうすることで、

より速く走れる可能性が出てきますよね?

 

実際に、ソーティトレーナーやビルトトレーナーのように

トレーニング専用のシューズも出ています。


これらのシューズは、身体を作る目的で商品化されています。

 

例を挙げるとするならば、ケガをした時はフラットソールを勧めたいです。

 

なぜなら、

自分本来の走りができる

ューズでもあるからです。