前脛骨筋のストレッチ

正座の姿勢をとります。

 

 

負荷を増やしたいときは、踵(かかと)に体重をかけていきます。

 

この態勢がきつい人は、片足ずつ行ってください。

さらに強い負荷をかけたい場合

 

 

 

 さらに強い負荷をかけたい人はタオルなどを丸めた

ものを足の甲に入れて調節することもできます。