肩甲骨のモビライゼーション

1)両手を水平に挙げて立ちます。

全身の歪みをとるためにも、鏡を見ながら行うか、誰かに見てもらいましょう。

 

●重要なポイント●

手のひらを下に向けること

・腕は水平でしょうか? 

・左右の踵(かかと)の位置は前後していないでしょうか?

・つま先の向きは左右正面を向いているでしょうか?

・ヘソは真っ直ぐ前を向いているでしょうか?

・ベルトのラインは水平でしょうか?

・そして、広げた腕は本当に水平になっているでしょうか?

 

立っただけで体が曲がっているようなら、動いている時も曲がっています。

体が曲がっていれば効率の悪い動きをしたり、故障に繋がることもあります。

 

足くび、踵、足の裏など、どこかを壊している人は、

この姿勢が正しくとれない場合がほとんどです。

  

 

 

手のひらを下に向けることで、肩甲骨をロックできます。

 

肩甲骨を可能なかぎり寄せていきます。

 

腕は水平、手のひらは下です。

※ 上から見たところです


2)肘を曲げます

腕のちからコブが力まない程度に肘を曲げます。手のひらは下です。

3)右のひらを正面に向けます。

両方の肩甲骨は背骨側に寄せたまま、右の手のひらを正面に向けます。

※肩甲骨は寄せたままです。

4)左の肩甲骨を背骨から引き離します

 左の肩甲骨を背骨から遠ざけていきます。

左の肘を上腕の角度で前に出すイメージです。

右の肩甲骨は背骨に寄せたままです。そうする事によって、より左の肩甲骨を背骨から引き離す事ができます。

5)右腕をあげる

左の肩甲骨を背骨から引き離したまま、左手で右肩を触ります。

左の肩甲骨が背骨から遠くに行くことで、右の肩甲骨はさらに動きやすくなります。 

左の肘をなるべく体から遠くに、遠くに距離をとりながら、円を描くように左肘を正面まで持ってきます。 

右腕の肩甲骨は背骨に寄ったままになっているでしょうか?確認して、背中が開いているようでしたら、右の手のひらを下に向けたまま、もう一度、肩甲骨を背骨側に寄せて下さい。

  

右の鎖骨の外がわを、左手で触りながら、 

手のひらが正面→手のひらが下 →手のひらが正面の動きを繰り返します。 

左手で触る意味は、右肩が前に来ないように確認する意味です。

腕を動かすのではなく、肩甲骨を前に傾けたり、後ろに傾けたりするイメージです。

 

右腕の手の平を正面に向けたまま、右肩を挙げていきます。

肘を上に挙げていくイメージです。

反対側の左肩も同じように行います。