オスグッド/おすぐっど

概要:オスグッドとは


・10〜15歳の成長期の男子に好発する・・・急激に軟骨から骨へ成長する時期と重なる

 身長や骨の強度は成長する⇔軟部組織(筋・腱)は成長しない・・・身体が硬くなる

 大腿四頭筋の柔軟性低下を起因に引き起こされる

 ※ジャンパー膝→膝蓋骨の上下に疼痛・思春期の男子に好発

・脛骨粗面骨突起部の微少骨折・・・オーバーユースの代表疾患

 

・好発:陸上競技・サッカー・バレーボール・バドミントンなど

原因

・膝を伸ばす動作を繰り返すことによって発生する

  例:ジャンプ・ダッシュ・キック・フルスクワットなど

・大腿四頭筋が膝を伸ばす動作により膝蓋腱が上方に牽引される

  →脛骨粗面に牽引ストレスがかかり成長軟骨部が剥離する

・素因:O脚・X脚・アライメント異常・アーチの低下など

 


どんな痛み?(症状)

脛骨粗面が徐々に突出→疼痛・圧痛が出現する

  疼痛:安静時→軽減される スポーツを再開→再発(発症後3〜6ヶ月に多い)

 腫脹・熱感・骨性隆起を認める

・スポーツへの影響:ジャンプ力低下・スピードが出せないなど

★オスグッド後遺症

 成人後に強い力が膝に再び加わる・オーバーユース→異常骨形成部に疼痛が出現


検査診断

 ・上記の特徴的症状

・脛骨粗面の圧痛・隆起

・レントゲン撮影:初期〜軽症は写りにくい

         慢性・陳旧性→脛骨粗面に限局した骨棘・遊離骨片を認める

・MRI:骨軟骨を覆う膝蓋腱の肥厚・周囲の炎症性変化が確認できる


治療

・成長期の一過性の障害→成長期終了とともに治癒することが多い(骨が硬くなるため)

・疼痛がある時期→スポーツを控えて安静にすることが大切

・症状の軽減:アイスマッサージ・内服薬・湿布など

★スポーツ選手→損傷・修復が入り交じった状態に陥りやすい


リハビリテーション

ストレッチ:大腿四頭筋

・オスグッド用膝サポーターを装着してのスポーツ

★痛みがなくなればスポーツは可能

 症状が改善してもストレッチは継続する

           →オスグッド後遺症の予防