ドロップ角度とは

 

 

ドロップ角度とは、シューズの踵(かかと)から、つま先にかけての高低差の事をいいます。

(オフセットと呼ばれることもあります)

シューズによって設定された角度は違います。踵の部分が厚いとか、薄いに関係なく、踵からつま先にかけての高低差のことをいいます。

シューズによって設定された角度は違います。踵の部分が厚いとか、薄いに関係なく、踵からつま先にかけての高低差のことをいいます。

シューズにドロップ角度を設けることで、膝に屈曲性を持たせ、膝の故障を少なくするとか、体重を後ろから前に移動しやすくし、安定した走りをサポートするなどの意味があります。

もっと詳しくはこちら

    ↓