ハムストリング/はむすとりんぐ

編集:山田洋太


ハムストリングスは、大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋の3つの筋が集まった筋肉です。

表面にあるのが大腿二頭筋長頭・半腱様筋、その下にあるのが大腿二頭筋短頭・半膜様筋です。

 

大腿二頭筋は坐骨から始まり、腓骨に付着する為、「外側ハムストリングス」と呼ばれます。

半腱様筋・半膜様筋は坐骨から始まり、脛骨に付着する為、「内側ハムストリングス」と呼ばれます。

また、腓腹筋とハムストリングスで、膝窩を構成しています。

 

ハムストリングスは面積が大きい為、強力な伸展と屈曲を生み出します。

そのため、通称「アクセル筋」と呼ばれています。

 

スポーツの場面で考えると、短距離のスタートジャンプ動作投球パンチなど、様々な場面で活躍します。

主な作用は股関節の伸展・膝関節の屈曲です。

関連する筋肉:大殿筋

反対の作用:大腿四頭筋 腸腰筋

膝関節の運動では、

大腿二頭筋は外旋に、

半腱様筋・半膜様筋は内旋に関与します。

歩きやランニングの動きに置き換えると、下記の働きをします。