腸腰筋/ちょうようきん

編集:山田洋太

〜腸腰筋とは〜

腸腰筋は、腸骨筋・大腰筋の2つからなる、

背骨(腰椎)と骨盤(腸骨)から大腿骨に付く筋肉です。

 

短距離選手ラガーマンなどが、腸腰筋が発達していると言われます。

つまり・・・瞬発的な股関節の動きに関係している訳です。

また、体の深い部分にある為、「インナーマッスル」とも呼ばれています。

特に、上半身を安定させているのが腸腰筋です。

主な作用は、股関節の屈曲です。

また、下半身を固定すると、骨盤・腰椎の前屈に作用します。

関連する筋肉:大腿四頭筋

反対の作用:ハムストリングス 大殿筋