踵の痛みはなぜ出るか?正しい踵の使い方

千葉県から御来院いただきました。主訴はランニングの時や、練習が終わってから痛む踵(かかと)の痛みです。

 踵(かかと)の真下以外にも、周囲に痛みがありました。

地元の病院も受診し、衝撃波などの理学療法も試しましたが、改善されずに来院です。


踵を触ってみました。

足底筋膜炎のようなパツっとした硬さもありませんでした。

骨棘を痛めたような硬さも触知できませんでした。


  歩行を観察すると、床に着く踵の着き方が、1_の踵を痛める着き方をしていました。          


踵の骨の形はこんな形をしています。

・やや足が外を向き骨の平な面から着くのが正常です。

・骨の尖った部分から着くと踵を痛めてしまいます。


↓ 痛めている左足の着き方(治療前)         ↓右足の足の着き方 (治療前)

骨の尖った部分から着くと踵を痛めてしまいます。

いわゆる、地面が踵を攻撃してしまうヒール・ストライクが起きている場合、その原因が治るまで、故障・安静・復帰のサイクルが繰り返される事が多いようです。


●ヒールストライクはなぜ起きるのでしょうか?

ヒールストライクを起こすフォームを3Dで再現してみました。

走るとき、足が交差するようなら一度休養をとった方がよいでしょう。

膝、スネ、足の裏の故障のサインですから、もし走るならストライドを短くとると良いでしょう。

 ヘソが進行方向に向いていないと、だいたい何処か故障します。       


治療前の歩行です。

左の足のつま先が前を向いてしまう(踵の尖った場所から着いてしまう)のは、右の足が外を向いている・・・そんなケースが多いように思います。

ですから、左の踵の痛みでも、右の足や腰、背中まで、トータルでバランスをとる必要があると、私は考えています。

 

 



足の痛みの原因は、動いている状態を見ないと解らない事がたくさんあります。 

 

 体のバランスや動きを確認しながら、痛みを引き起こしている原因を探し出し、 必要なストレッチや、あなただけのリハビリテーションを提案いたします。メンテナンス次第で体が変わることを実感してください。

  

若葉治療院本院内 足の痛みの特化ラボ 近藤祐司

静岡県 富士宮市 西小泉町21-2  https://ameblo.jp/wakabatiryoin/

(電話予約制)TEL:0544-26-6628