· 

シューズが原因する膝の痛み


膝を痛めているランナーさんから、

「どのシューズが自分にあっているか?見て欲しい」そんなご依頼を受けました。

 

  今回持ち込まれたのはGT2000とウェーブライダー21。

 

クッション性の良い、代表的なジョギング・シューズです。

使用したのは2ヶ月程度の状態の良いものでした。

 

 

〈関連記事〉シューズの違いによる歩幅の違い

 


私見ですが、ランニングで膝の痛みを出す原因は、膝の筋肉の硬さよりも、

 衝撃捻じれ の方が多い気がします。


シューズを履き比べてフォームの変化を観察してみます。

 

 

 

※成り行き上、今からGT2000のことをボロクソに書きますが、同じGTを履いても、その人の走り方、体調、速度によって、シューズは全く違う動きをします。 “GTが悪いシューズ” とか、そういう趣旨ではないので誤解無きようお願いします


●右足のイニシャルコンタクトです。

拡大してみます。

黒いシューズは、シューズのトレッド面が、地面に対して綺麗に侵入していません。

 

 〈参考記事〉かかとの正しい着き方

 イニシャルコンタクト(接地する瞬間)の異常は、反対側の足の動きに影響されます。

 

反対側の足の立脚期に体が傾ぐ異常がでると、

傾いた体を立て直すためのカウンタームーブメントによって発生します。

 


 ボトムディスセンターです。(一番体重がかかるタイミング)

まず、左脚を捻りました。

膝が正面を向いているのに、つま先が外を向くと、足首は捻じられます。

これは、足底筋膜炎シンスプリント疲労骨折を誘発します。

膝の高さが左右で違います。これもタイムや、体力を失うだけでなく、膝やアキレス腱を壊す原因になります。

シューズの違いでこれだけフォームは変化します。

クッション性の良いシューズでも捻じれを防ぐことができません。

クッション性の問題だけではないようです。


●膝を捻るプッシュ

プッシュを見てみましょう。

路面を押して、前への推進力を得る期間です。全体重が片足にかかります。

この時に、膝を捻りました。

プッシュのタイミングで、つま先が外を向いていると、膝は捻られます。

力強いプッシュでは、力強く捻られます。

その時、グリップ力が強いシューズでは、さらに力強く捻られるので注意が必要です。

一人のランナーが、シューズを履きかえただけで、これだけ違いが出ます。


インソールについては、話が長くなるので割愛します。

シューズの形状で、フォームが変化するのですから、社外のインソールを入れるともっと変化します。

 

一つ言えることは、シューズを履いて片足で立って、

真っ直ぐに立てないシューズは要注意です。

 

ランニングニーの痛みについて、シューズの事だけでもこれだけ書けます。

他にも、登り、下り、カーブの曲がり方、トラックで言えば砂の種類、深さ、カーブのR・・・

 

膝の痛みの原因は、筋肉の硬さだけが原因ではありません。

 

膝を痛めて、接骨院に行ったことがある方、その時どんな説明で、どんな治療をうけましたでしょうか??

その治療で治らなかったとしても、どうか、まだ・・・走ることを諦めないでくださいよ。


足の痛みの原因は、動いている状態を見ないと解らない事がたくさんあります。 

 

 体のバランスや動きを確認しながら、痛みを引き起こしている原因を探し出し、 必要なストレッチや、あなただけのリハビリテーションを提案いたします。メンテナンス次第で体が変わることを実感してください。

 

若葉治療院本院内 足の痛みの特化ラボ 近藤祐司

静岡県 富士宮市 西小泉町21-2  https://ameblo.jp/wakabatiryoin/

 

(電話予約制)TEL:0544-26-6628