· 

疲労骨折の本当の原因│偏平足を治す

ランナーにとっては衝撃映像・・・って思っていただけるとありがたい。

 

ズボンの裾の揺れに注目してください

 

足が地面に着地した時、

左を着いたときだけ、ズボンの裾が激しく揺れるのが解るでしょうか??

疲労骨折や、膝の痛みの原因は、走り過ぎではなくて、

足にプロネーションがあれば、普通に歩くだけでも足は壊れ続けます。

 

そして、それはシューズやインソールでは防げません。

 

足首のプロネーションは痛みの原因ではなく、からだ全体の歪みの結果だからです。

 

プロネーションはアーチの低下が原因など、いろんな広告に書いてありますが、


アーチの低下は、プロネーションの原因ではなく結果であって、

アーチが低下していなくても、プロネーションは発生します。

 

 

ですから、低下したアートをアーチパッド(インソール)で持ち上げてもプロネーションは治りません。 

それが最近の僕の研究結果です。  


 

人が歩くときに、足が地面に着いたとき、足首関節にかかる体重負担は、

 

体重の約110% と言われています。走るときの衝撃はそれ以上です。

 

体重以上の重さが、片足にかかるのですが、人の体の生理機能は、その衝撃をうまく打ち消してくれています。

 

しかし、一度構造が崩れれば、その衝撃は吸収できず、

微細損傷として体に残ります。

 

走っていて足が動かなくなるのは、疲労が溜まっただけでなく

微細損傷によるダメージが相当数含まれていると私は思います。

 

 

なぜならば、走っていない人でもダメージは溜まります。


横浜市からご来院いただきました。小学5年生。競技はサッカー。

 

主訴:足首周り・足の裏・膝周りの痛み

アーチが落ちていたので治しました。

今回のアーチが落ちた原因は、足首関節のプロネーションにありました。

プロネーションとは、足首が内側に倒れ込んだ状態の事を言います。

 

それは、一般的に治らないもの、もしくはリハビリテーションや筋トレで治すものと言われています。

 

しかし、治せるものは、治した方がいいと思います。

 

誰も治そうとしない事が、問題ではないでしょうか。