· 

腓骨の動き


重要な割に、知られていない腓骨の動き


腓骨の動きが悪いとシンスプリント足底腱膜炎、捻挫などを引き起こします。走るときのタイムは大幅に落ちます。

 


足首の構造


 

 スネの内側の太い骨を脛骨(けいこつ)と言います。外側の細い骨を腓骨(ひこつ)と言います。

この二本の骨で、箸でつまむようにして、足首の骨をつまんでいます。この骨を距骨(きょこつ)と言います。

 


歩く度に動く腓骨

歩く時、走る時、当然のように足首は動きます。ベンチプレスで60kgを持ち上げるのは大変ですが、歩く度に、人の足は片足で、軽々とその体重+衝撃を支えてしまいます。

 

ちょっと大げさに書くと、足首を曲げ伸ばしするたびに、腓骨はこのように動きます。

実際には、2.4mm程度しか動きませんが、この動きで体の動きを安定させています。


 

脛骨と腓骨の動きが悪くなると足首(距骨)の向きが悪くなり

つま先が外を向いてしまいます。(トゥ・アウト)

 

 つま先が外を向いた結果として、足部は回内し、

足首は倒れ込み、アーチの低下を引き起こし、

足の裏の痛みや、内スネの痛みを誘発します。

 




このように、

 

脛骨腓骨を結ぶ骨間の筋肉の動きの悪さは、

トゥーアウトを発生させ、

足の裏の痛みや内スネの痛みを誘発します。

〈関連記事〉トゥ・メニー・トゥス



リハビリテーション



足の痛みの原因は、動いている状態を見ないと解らない事がたくさんあります。 

 

 体のバランスや動きを確認しながら、痛みを引き起こしている原因を探し出し、 必要なストレッチや、あなただけのリハビリテーションを提案いたします。メンテナンス次第で体が変わることを実感してください。

 

若葉治療院本院内 足の痛みの特化ラボ 近藤祐司

静岡県 富士宮市 西小泉町21-2  https://ameblo.jp/wakabatiryoin/

 

(電話予約制)TEL:0544-26-6628