· 

ランナーに多い舟状骨の痛み


ランナーに多い足の舟状骨の痛みについて書いてみます。

 

足の舟状骨とは、この骨です。


足の内くるぶしの少し下の骨に痛みが出ると、後脛骨筋炎とか、有痛性外脛骨と安易に診断され、

長引くことがよくあります。

 

裾野市からご来院いただきました。内くるぶしの下の骨(舟状骨)の痛み。競技は陸上。

舟状骨部の足の裏に“当たりタコ”ができていました。これを放置すると、舟状骨骨折につながります。

ここにタコができているのは、

ここに、シューズや床に当たっているからです。

その場合、

インソールを入れると悪化するばかりでなく、

選手生命を短くすることがありますから

注意が必要です。

痛みが強いのは左足です。

 

アーチを見ると、痛みがある左足とは反対の

右足のアーチが落ちています。

“本気で足をみる医療機関は少ない” 

そう書いたら、本気で見てる人たちに怒られそうな気もしますが・・・

まぁ、見ていてくださいよ。

 


●静止しているときのアーチと、

 走行時のアーチの形は違う

止まっているときの足の裏と、

走っているときの足の裏の形は違います。

ですから、走ってみないと判らないことが多々あります。

 

立っている状態では床に着いていなかった足の舟状骨部ですが、

タコが物語っていたように、走ると舟状骨が落ちていました。

通常、足首はこのように曲がります。

舟状骨が落ちて曲がる足首は、このように曲がっています。

走るときの片足には、

全体重の1.5倍の外力がかかります。

そのまま次のフェーズにはいると

舟状骨に過度な負担がかかり続け、足は壊れます。

場合によっては骨折します(舟状骨骨折)。


●アーチサポートの危険性

舟状骨が落ちている場合、舟状骨の落ち込みを防ぐシューズを履くと、

シューズのサポートが骨を突き上げ、痛めるので注意が必要です。

社外のインソールの使用も注意が必要です。



●足の裏のアーチを治す研究

足の裏のアーチを治す研究も、ずいぶん進んできました。

 

アーチを治してみます。

世界中が、アーチの低下は様々な痛みを誘発すると言いながら、治し方が解らないのが現状です。

 

 

アーチを治す機序については この辺に明記しときます。治したい方はどうぞ。

〈関連記事〉偏平足(アーチの低下)を治すエビデンス

 


●自分でアーチを復活させることに成功

自分の足を壊すことから始めたこの研究ですが、ここまで進みましたよ。

 

昨日は良いことがありました。

右足の舟状骨部分のアーチの低下を、

患者さんに自分で治してもらいました。

落ちていた舟状骨部分のアーチが回復しました。

 


●アーチを治すだけでは不十分

やるなら徹底的に。

 

これ、厄介ですね。。

厄介だと思う理由は、フォームが悪くない。

接地の位置、着地の位置が体より後方にあると、

アーチは壊され、足の痛みを誘発します。

その場合、足の痛みでも、首、背中、尻、そのあたりを治さないと問題の根本解決には至りません。

 

 

それらも厄介ですが、もっと厄介なのは今回のように、接地も着地も実にいい、そんな場合です。

足首が壊れています。完全に、つま先が外を向いてしまっています。治します。

脛骨粗面と距骨を結ぶラインに対し、

つま先(足の第2趾)が、

一定の角度を超えて外に開くと(トゥー・アウト)、

足首の関節は正常に動くことができません。

 

足首が正常に曲げることができないと、

結果として脛の骨をねじることになり、

疲労骨折を起こすのですが、

疲労骨折を防ぐための生理的な体の機構として、

足首が内側に倒れこみます。

〈関連記事〉トゥーアウト

ですから。アーチの低下を治すには、トゥーアウトを治すしかないと思うのです。

アーチを治すことではなく、正常な体、正常な動きを取り戻すことが大切です。


足の痛みの原因は、動いている状態を見ないと解らない事がたくさんあります。 

 

 体のバランスや動きを確認しながら、痛みを引き起こしている原因を探し出し、 必要なストレッチや、あなただけのリハビリテーションを提案いたします。メンテナンス次第で体が変わることを実感してください。

 

若葉治療院本院内 足の痛みの特化ラボ 近藤祐司

静岡県 富士宮市 西小泉町21-2  https://ameblo.jp/wakabatiryoin/

 

(電話予約制)TEL:0544-26-6628