· 

つま先の向きを変えるウォーク

様々な足の痛みでお困りの全てのアスリートさんに贈ります。

 

簡単に、つま先の向きを整える方法です。〈前回のつづき

 

そもそも、アスリートを普通に立たせた時にはですよ?

何処も痛くない体でも、誰もがこれくらいの壊れ方はしています。

 

 

どこが壊れてるか?解るでしょうか??


写真、向かって左足が外向をいてます。少しアーチが潰れている感じです。

 

些細な事かもしれませんが、些細な事を競い合うのが競技ですし、些細な一歩を繰り返すのが競技です。

 

些細な一言が人を傷つけてしまうことがあるように、故障の原因のほとんどは、

いつでも些細な反復ストレスです。

 

●歩いた時の左右の足の違いです

写真向かって左

故障している側の足では真っすぐに立つことができません。

 

●歩行時の左右の足の比較

はい。これがシンスプリントや、足底腱膜炎、疲労骨折を引き起こす原因です。

写真向かって左側の足首のアーチが落ちて、窮屈に曲がっているのが解るでしょうか??

 

 

些細な事なのですが、走るときには片足に、全体重の1.5倍以上の外力と、

運動モーメントが加わります。

・・・ですから、治療家は、些細な事でも見逃したらいけない、そう思って仕事してます。

 

 

これを、難易度1の簡単さで自分で治す・・・そんな方法を紹介します。

簡単にタイムが上がるので試してみてください。

 

自分で治してもらう前と後です。

微妙すぎて解りにくいですかね??


走ってる時に、こんな症状が出る人にお勧めです。

左右の膝の高さが揃わない

腰が浮上してこない、踵が浮上しない

体がどちらか片方に傾く

体が捻じれる

内脛、足の裏、うちくるぶしの下、膝、腰、腸脛靭帯の痛みがある人

 

1 足の親指だけ挙げる


ここで、足の親指だけを上げられない場合、足のどこかが壊れています。故障する前兆ともいえます。

頻繁に故障を繰り返す人は、まず足のグー・チョキ・パーができるようにしましょう。

 

前脛、横脛を柔らかくするとできるようになるから頑張って。


2 踵を少し上げ、小指球だけで歩きます。

 

 

 

  小指球とはこの部分です。

この部分だけ床について普通に歩きます。

下の写真はちょっと苦戦しています。

親指を上げて、踵も床から3cmくらい浮かせます。

歩幅は普段歩く歩幅でかまいません。

コツは、親指をしっかり上げ、薬指と小指は下げます。

薬指と小指でしっかりと地面をつかむイメージで。

 

できるようになったら、シューズを履いて外で歩いてもかまいません。

何処かに痛みが出るようでしたら、無理に行わないでください。