· 

Q.外くるぶしの下の所にシューズが当たって傷みます

ご質問をいただきました。

 

 

Q左側だけ、外くるぶしの下の所にシューズが当たって痛みます。

シューズが合っていないのでしょうか?

A 単純に、左に傾いて走っていませんか?

  もしくは左足のニー・インが考えられます。

 

 左右のシューズが当たるのでしたら、シューズが合っていないことが考えられますが、片方だけ当たる場合、故障する前兆、もしくは既に体が壊れているかもしれません。

 

シューズが当たるのではなく、単純に外くるぶしの下が痛む場合も同様です。

 


 

使用していたシューズはHOKA クリフトン 7でした。

 

それほど硬いシューズでもなく、むしろ柔らかい部類のシューズです。


シューズが当たらない方の右足の立脚期です。

 

踵の中心に赤い線を入れました。左に傾いています。

ニーインは観察できませんでした。


正常なランの場合、頭の位置は中心線、もしくは中心線から左右に2.5cm程度しか動きません。中心線が耳に掛かっていますから、5cm程度のブレだと思います。頭が5cm傾いた場合、およそ体は5度傾斜します。

 

足首が左右に動ける角度は8度です。


 

 

続いて左足(シューズが当たる方)の立脚期です。

頭の真下に踵(かかと)の中心があります。計測は時速6km/hです。

6km/hで走った場合、頭の真下は内くるぶし付近になるものですが、着地の位置が内側に入りすぎています。

 


 

着地の位置が内側に入りすぎていると、腸脛靭帯炎や内脛の疲労骨折を好発するので注意が必要です。


●左右の足を拡大してみます。

左側だけ、シューズの縁が外くるぶしに当たっています。

 


●シューズが当たる方の反対の足

シューズが当たる方の反対の足(右足)のシューズを、しっかりセットし直しました。

(左はそのままです。)

走りはどう変わるでしょうか??


 

 シューズが当たらない方の足の立脚期です。

体の傾斜は無くなりました。


右足のシューズを絞めなおしただけですが、体の傾斜は無くなりました。


反対側の足のシューズをセットし直しただけですが、シューズは当たらなくなりました。


足首の構造

 

 足首の骨はこのようになっています。

体が傾いて走っていると、骨と骨がぶつかり合い、痛みがでます。

外くるぶしにシューズが当たる場合、当たらないシューズを選ぶことも大切ですが、体が傾斜していないか?注意しましょう。

 

〈関連記事〉

シューズの中心と足の中心は一致していますか?

 

 


足の痛みの原因は、動いている状態を見ないと解らない事がたくさんあります。 

 

 体のバランスや動きを確認しながら、痛みを引き起こしている原因を探し出し、 必要なストレッチや、あなただけのリハビリテーションを提案いたします。メンテナンス次第で体が変わることを実感してください。

 

若葉治療院本院内 足の痛みの特化ラボ 近藤祐司

静岡県 富士宮市 西小泉町21-2  https://ameblo.jp/wakabatiryoin/

 

(電話予約制)TEL:0544-26-6628